読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life, Education, Death

プログラミング以外でも思ったことをつらつらと書きたい

iOSアプリでSVGを描画してみたいのですが

iOSでアプリを書いたことがなく、Objective-Cも未経験。とりあえず入門サイトを見つつ進んだところまでメモ。

SVGKitというライブラリのサンプルプロジェクトを実行して、自分のプロジェクトのライブラリを組み込むところまで出来た。実際に手元のデータで描画していないので、どんなSVGでも描画できるのか?など調べられてないので完成まで、もう少し時間がかかりそうだ。

iOSのアプリの書き方を調べてた

のまとめがよさげです。最初からここを見ておけばよかった。

C++なら書けるので

を見ながらざっくりコードが読めるようになった。


ARCという仕組みによってメモリ管理が楽になるそうなので

を見ながら、ちょっと理解が進んだ。

SVGKitというライブラリ

のURLは既に無効になっている。プロジェクトを作り直しているようで探しづらい。

が正解のURL。(ライセンスは商用でもOKって書いてあるよね?)

にSVGKitを使う方法がまとめられていた。

簡単にまとめると、プロジェクトの設定を開いて以下の二カ所を設定する

  • [Build Settings]->[Search Paths]->[Header Search Paths]に$SDK_DIR/usr/include/libxml2を設定する。
  • [Build Phases]->[Link Binary With Libraries]にQuartz 2Dとlibxmlを追加する

さらに

  • ダウンロードしたSVGKitのCore、iOSフォルダを自分のプロジェクトにコピーする

これで自分のプロジェクトでSVGKitが使えるようになる。


ヘッダーパスの設定。

ライブラリパスの設定。

せっかくなので、ARCを使いたいのでiOS5.1対応のアプリにしようと思ったのだが・・・

SVGKitはARC対応していないので、ビルドが通らない。
これを参考にしながら、ライブラリのコード全部に対して、-fno-objc-arcオプションをつけたところ、いくつかの警告が残るもののビルドが通った。

おまけ

失敗しない iOS In-App Purchase プログラミング - A Day In The Life
アイテム課金ダウンロードコンテンツ)はIn-App Purchaseというらしい。APIの使い方のページを調べるところまではやってみた。